個別株

【日本株】楽天(4755)の購入理由

楽天(4755)は、楽天市場、銀行、証券などなど、いろいろなビジネスを持ってます。最近では携帯電話モバイル事業にも参入してるので、期待しています。

楽天 2019年度事業説明会資料より

 

楽天の成長戦略

コア・投資フェーズ・成長フェーズの3つの領域でビジネスを組み立ています。コアビジネスで利益獲得。投資・成長フェーズはまずは売り上げ収益を増やしていく感じでしょうか。

 

コアビジネス

コアビジネスは、楽天市場、楽天銀行、楽天カードなど、すでに一般に広まっている事業です。売り上げも営業利益も順調に増えています。

 

投資ビジネス

投資ビジネスのメインは、携帯電話モバイルと物流です。

モバイル

5Gサービスは、20年6月から開始。21年に全国展開するみたいです。

基地局も順調に増やしています。

物流

Amazonみたいに物流センターを持つみたいですね。

最近、ヤフーショッピングで買い物したのに、配送元が楽天になってたので、おかしいなと思ってましたが、この物流センターのおかげなのかも。

配送料も楽天の方が安いみたい。需要も増えそうですね。

 

長期的な株価水準は低め。業績も年々良くなっているので、今が買い時かもしれません。

株価チャートの推移

(2020年5月15日時点)

 

バランスシート

売上高の推移

 

営業利益率の推移

 

一株利益の推移

 

一株配当の推移

 

配当利回りの推移

 

配当性向の推移

 

フリーキャッシュフローの推移

 

営業キャッシュフローマージンの推移

 

ROEの推移

 

ROAの推移