ETF

【VOO】SP500指数に連動する安定的なアメリカETF

VOO(バンガード・S&P500 ETF)は、アメリカSP500指数に連動したアメリカのETFです。

 

ETF名称

VOO(バンガード・S&P500 ETF)

 

ETFの概要

SP500指数に連動した値動きを行います。

 

価格の動き(2020年3月20日時点)

過去10年においては、基本的には右肩上がりです。

2020年2月は、75ヶ月移動平均線を下回っています。

今後のことはわかりませんが、たとえコロナショックで株価が下落していったとしても、10〜20年の長期スパンで見れば、アメリカの代表的な企業が集まったSP500構成銘柄が下落し続けることはないのかなと思っています。

情報元:SBI証券

 

純資産額

139,873(百万米ドル) → 1米ドル100円換算で約14兆円

 

構成銘柄数

500

 

構成銘柄のTOP10

アップル・マイクロソフト・アマゾン・アルファベット(グーグル)・フェイスブックなど有名な顔ぶれが並んでいます。

順位 会社名 比率
1 マイクロスソフト 5.1%
2 アップル 5.0%
3 アマゾン 3.4%
4 フェイスブック 1.9%
5 バークシャーハザウェイ 1.7%
6 アルファベット(クラスC) 1.6%
7 アルファベット(クラスA) 1.6%
8 ジョンソンエンドジョンソン 1.6%
9 JPモルガン 1.3%
10 ビザ 1.3%

情報元:バンガード(2020年3月14日調査)

 

セクターごとの比率

テクノロジーが約21%と最大。その後、金融サービス、ヘルスケアに続いていきます。SP500採用銘柄はもともと安定した企業を元に選定され、セクター配分されていると思うので安心しています。

セクター 比率
素材 2.2%
消費(景気循環) 9.7%
金融サービス 15.0%
不動産 3.2%
消費(ディフェンシブ) 7.6%
ヘルスケア 14.2%
公益 3.6%
通信サービス 10.5%
エネルギー 3.5%
工業 9.3%
テクノロジー 21.1%

情報元:モーニングスター(2020年3月14日調査)

標準偏差・リターン・シャープレシオの比較

過去10年で、他の主要ETFと標準偏差・シャープレシオ・トータルリターン(配当再投資前提、基準価格・外貨ベース)を比較しました。

IVV、VOOなどSP500指数に連動するETFはどれも安定的です。高いリターンと低めの標準偏差ですので、比較的安心して積立投資できます。

ただし、暴落する時は暴落しますので、その覚悟だけは必要です。

分類 ETF 標準偏差 シャープレシオ リターン
アメリカ全体 VTI 13.11 0.92 12.5%
全世界 VT 13.49 0.62 8.4%
SP500 VOO● 12.71 0.95 12.6%
IVV 12.70 0.95 12.6%
SPY 12.67 0.95 12.5%
SPLG 12.78 0.95 12.6%
ハイテク QQQ 14.95 1.13 17.7%
VGT 15.86 1.06 17.5%
生活必需品 VDC 10.82 0.96 10.9%
XLP 10.99 0.94 10.9%
高配当 VYM 11.68 0.94 11.5%
DVY 11.22 0.97 11.4%
SDY 11.58 0.95 11.5%
VIG 11.64 0.96 11.7%

情報元:モーニングスター(2020年3月14日調査)